2009年04月29日

精神障害者保健福祉手帳とは

精神障害者の保健福祉手帳の対象となるのは、精神科の病気で長期間社会生活に困難な制約がある者にが対象となります。

また、精神障害者保健福祉手帳には障害によって、3等級に分かれています。

申請の条件としては、初診日から6カ月以上たった日から申請できます。

窓口は市区町村にします。

精神障害者保健福祉手帳の受けられるサービスとしては、あまり多くないですがあって、今後もサービス内容が増えるのではないかと思われます。

手帳を取得するということは、障害者として見られるという観点から取得しない方も多いようです。

ですが就労に関しても、他のサービスを受けるのもなにかと役立つので取得しておいて損はないと思います。

ちなみに有効期限が2年間となっていますので、忘れずに更新しないと使用できなくなってしまうので注意しましょう。
posted by ラカン at 00:04| Comment(0) | 精神障害者が利用できる社会資源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。