2009年06月23日

精神障害者と就労について

精神障害者の就労は今後も増える可能性があります。現在はまだダントツに知的障害や、身体障害の方を雇用される企業が多いですが、私の職場でもちゃんと精神の障害を持っている方がハローワークなどを通じて、就労されています。

企業の場合は精神障害者であっても、医療機関の人間がサポートとして入ってくれるなどの条件を出せばかなり、好感を持ってくれます。

企業側としたら、精神障害についての知識もないし、就労させるのに躊躇してしまうこともあるようですが、医療機関や専門家が企業と精神障害者の仲介役として入ってくれると安心するためと考えられます。

精神障害があったとしても、きちんと生活リズムが整っていて、服薬管理も自分できちんとできて、余暇もしっかりとストレスを発散できる方ならば、就労可能な人はたくさんいると思います。

今後はこういった精神障害の方をサポートしていく機関もあるので、就労される方も増えていくのではないかと思われます。
ラベル:精神障害者 就労
posted by ラカン at 18:29| 精神障害者関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。